コラム

【人生に疲れた】と思った時の年代別対処法

投稿日:

壁にぶち当たったとき、もう何もかもやめてしまいたい、疲れたというように感じる人もいるでしょう。心が折れてしまっている状態では、目の前の壁を乗り越える気力も出ないのが自然です。ではそんなときにはどうすれば良いのでしょうか?実はこの対処法は、人生に疲れたと感じた年代によって変わります。自分の年齢に当てはまる対処法を理解し、うまく乗り越えていきましょう。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

20代は勢いで乗り切ろう

 
 

20代はエネルギッシュで、元気さえあればなんでも乗り越えられるような力強さがあります。学生から社会人になったり、親元を離れて1人暮らしを始めたり、中には結婚をするなどして人生における様々な変化を経験しやすい年代なので、その分疲れを感じることも多々あるでしょう。しかしそういった疲れは一時のものが多く、時間がたてば気にならなくなったり、がむしゃらに頑張ってみたら乗り越えられていたりすることも珍しくありません。
 
 
様々な変化を経験する年代だからこそ、目の前に立ちはだかる壁は成長のチャンスを与えてくれます。それに対してポジティブに捉えることができれば、人生に疲れたと思ってもまた立ち上がることができます。社会人になるとお酒を飲む機会が増えたり、お金を稼いで自分の好きなように使えたりするようになるので、自分がやりたいことをして疲れがたまらないように、うまく発散させていくことが大切です。

 
 

30代は人に手伝ってもらって乗り切ろう

 
 

社会人として仕事をする毎日にある程度慣れてくる年代です。中には出世をしてどんどん上の立場に行く人もいるでしょう。そんな仕事に対してやりがいを感じる人もいれば、家庭を持って幸せな生活を送っている人もいます。一方でなかなか成果が認められず悔しい思いをしている人や、周りが結婚していくことで焦りを感じてしまっている人もいます。このように現在の自分と周りの人間を比較してしまうことによって、自分が勝ち組なのか負け組なのかを判断し、疲れてしまうのです。
30代は自分と同じような立場に立っている人間と話をすることで、そのストレスを発散させやすくなります。共感が得られることで「自分は1人じゃない」と元気づけられますし、その後一緒に頑張っていく人間がいることでエネルギーが得られます。
困ったことがあれば誰かに頼り、相談や悩みがあるときには1人で抱え込むのではなく、身近な人に聞いてもらうことが30代には大切です。そうやって人の手を借りながらモチベーションをあげることによって、人生に対する疲れも乗り越えられます。

 
 

40代は壁をうまくかわすことで乗り切る

 
 

40代になると、社会的な立場を確立している人も多いでしょう。今まで下の人間としてがむしゃらに働いてきた人が、今度は上の立場になって管理をしたり指導をしたりしなければなりません。こうした変化からストレスを感じることもあるでしょう。
体力の衰えもあり、暴飲暴食でストレスを発散させるというのも難しくなってきます。このような若者向けの対処法ではなく、40代という大人になったら、困難をうまくかわす工夫を身につけることが重要となっていきます。例えば仕事で重要なプロジェクトを任されるという責任のある立場になった場合、プレッシャーに押しつぶされそうになってしまう人もいるでしょう。しかし40代のキャリアであれば「なんとかなる」と適度に気を抜くことも大切です。そうした方が冷静に対処でき、良い成果を導きやすくなるからです。このようなメンタルの管理は若い世代にはなかなか難しいので、大人だからこそできると言っても良いでしょう。真正面から困難を受け止めるだけが大切なのではない、という考えができれば、余計な疲れをかわすことができます。

 
 

年代別で対処法が違うと理解しよう

 
 

50代以降になると、仕事の即戦力はその下の人々に変わっていきます。中には退職し、第二の人生を楽しみ始めるという人もいるでしょう。今まで仕事を頑張ってきた人々は、自分のプライベートを優先してゆっくり過ごせるようになるので、その中で人生への疲れを感じることも少なくなります。むしろ今までの疲れを癒す期間となるので、特別に何らかの対処をしなくても、問題なく過ごしていけます。ただ仕事にやりがいを感じていた人にとっては、自分ががむしゃらに働く立場ではなくなったこと、また退職をしなければならなくなったことに対してストレスを感じたり、心にぽっかりと穴があいたような気分を味わうという場合もあります。そんなときには心の穴を埋められるような趣味を見つけることが大切です。仕事以外のやりがいを何か見つけておくことによって、その後も充実した人生が送れるでしょう。
このように年代別の対処法を紹介してきましたが、その人のライフステージによっても対処法は変わります。

 
 

 
 

 
 

自分にはどんな対処法が合っているか考えよう

 
 

人生に疲れたと感じたら、そのまま人生からフェードアウトしてしまいたいと思う人もいるでしょう。しかし立ちはだかる壁を乗り越えていくことによって、新たな自分に出会える可能性もあるのです。どうやって乗り越えていけば良いのかは年代別に違うので、自分にとってどんな方法が合っているのかを考えて実行してみましょう。

 
 

(Visited 5 times, 1 visits today)

-コラム
-

Copyright© 借金減額方法|債務整理・過払い金の基礎知識 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.