債務整理

これだけは知っておきたい債務整理のデメリットについて

投稿日:

債務整理をすることで、借金をなくすことや少なくすることができます。しかし、債務整理には多くのデメリットがあるのをご存知ですか。債務整理のデメリットを知らないで手続きしてしまうと、後悔する可能性もあるでしょう。これから、債務整理のデメリットについてご説明します。債務整理を検討している人は、参考にしてみてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

債務整理には種類がある!共通のデメリットとは?

 
 

債務整理とは、借金に関する手続きを行うことで、借金の返済義務の免除または減額をすることです。具体的には「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。それぞれの債務整理は特徴が異なり、免除される内容も違うでしょう。それに合わせて、メリットやデメリットも異なります。返済能力や借入状況から判断して、最適な債務整理方法を選ばないと、デメリットに苦しむこともあるのです。それぞれの債務整理方法に共通したデメリットは、「ブラックリストに載る」「クレジットカードの作成ができない」「借入ができなくなる」「専門家の費用が掛かる」です。まず、全ての手続きにおいて、信用情報と呼ばれるブラックリストに登録されます。信用情報機関に事故情報として登録され、金融機関はそれを頻繁に確認するでしょう。
 
 
よって、その間の一定期間は、クレジットカードの作成や借入はできません。もし、手続き相手の金融機関以外に借入を申し込んでも、ブラックリストを確認しているので審査に通ることはないでしょう。信用情報に事故情報として登録される期間は、債務整理の内容で異なります。自己破産と個人再生の場合は、約5年~10年です。任意整理では、約5年間登録されます。「専門家の費用が掛かる」のもデメリットです。手続き内容でも異なりますが、相談料や受付金・報酬金・事務費などが掛かるでしょう。

 
 

任意整理のデメリットを知ろう!

 
 

任意整理とは、裁判所を通さないで債権者と交渉する方法です。債務者本人で交渉することもできますが、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが多いでしょう。将来の利息をカットしてもらい、約3年~5年で返済できるように、残高を調整してもらいます。任意整理で最初に挙げられるデメリットは「ブラックリストに載る」ことです。これは他の手続き方法と共通したデメリットです。その他に「元金が減らない」というのもデメリットになります。基本的に任意整理は、将来利息を中心に減額してもらう方法です。よって、元金が減ることはありません。元金が多過ぎて支払えない時は、任意整理をしても意味がないでしょう。
 
 
手続きに掛かる時間や手間、専門家の費用などで総合的に損をしてしまうこともあります。「債権者との示談で、応じてもらえない時がある」のもデメリットです。任意整理では、直接の話し合いだけで手続きするので、応じてもらえないこともあります。債務者本人が交渉する時は、応じないもしくは有利にならない条件で手続きを進められる可能性が高いでしょう。なかなか会う機会を作ってくれない債権者もいます。「安定した収入がない時は、適用でない」のもデメリットです。任意整理をするためには、安定した収入がないとできません。3年~5年を目安に返せるという見込みがないと、手続きできないのです。裁判所を通さないなどのメリットもありますが、任意整理に合っていない条件の場合は、手続きする意味がないでしょう。

 
 

自己破産や個人再生のデメリットとは?

 
 

個人再生とは、裁判所に申し立てをして、借金の減額をしてもらう方法です。借金が約100万円~500万円の時は、返済額を100万円まで減額してもらえます。約500万円~1500万円の場合は約5分の1まで減額可能です。任意整理よりも減額幅が大きいので、選択する人もいます。個人再生のデメリットは「ブラックリストに載る」以外にも、「官報公示に載る」ことです。官報に載るので、借金や債務整理について他人に知られる可能性があります。「安定した収入がないと手続きできない」のもデメリットです。返済額を減らしてもらい、約5年間での完済を目指すため、安定した収入がないと適用しません。
 
 
自己破産とは、全ての返済義務を免除してもらう方法です。「ブラックリストに載る」「官報に載る」以外に「住宅や預貯金・高額財産の差し押さえ」をされてしまいます。よって、車や住宅・家具などを差し押さえられるのはデメリットです。生活必需品や20万円以下の財産は残せますが、ほとんど全ての財産は渡すことになるでしょう。差し押さえたものは売り出され、それが借金の返済に使われます。「他人に知られる」のもデメリットです。官報に載ることで他人に知られる可能性はありますが、官報の場合は調べないとわかりません。しかし、家の差し押さえなどがあると、他人には知られやすくなるでしょう。

 
 

デメリットを理解し、それぞれに合った債務整理方法を選択しよう!

 
 

債務整理のデメリットは、ブラックリストに載ることです。また、個人再生や自己破産をすると、官報公示などで他人に知られることがあるでしょう。自己破産では財産の差し押さえなどもあります。任意整理は裁判所を通じないため他人に知られず手続きできますが、減額される金額によってはデメリットの方が多くなるので、注意が必要です。債務整理のデメリットを理解し、それぞれに合った債務整理方法を選択することが大切です。

 
 

 
 

 
 

(Visited 48 times, 1 visits today)

-債務整理
-

Copyright© 借金減額方法|債務整理・過払い金の基礎知識 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.