カードローンが返済できなくなったら自分に合った返済方法に切り替えよう

 

借金減額・過払い金の無料診断

 

借金減額シュミレーター

 

毎月のカードローン返済が厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

カードローンが返済できなくなったら自分に合った返済方法に切り替えよう

11view

2018.10.07

 
 
 
 

 
 
 
 

自分が想像してる以上にカードローンを利用してしまい、翌月の返済ができなくなってしまった。どう頑張っても返済日までに返済額を用意できない。そういう時に便利なのがリボ払いです。リボ払いという返済方法は聞いた事あるけれど、一体どんな返済方法なのかよくわからないと思っている方は多いのではないでしょうか。今回、とても便利なリボ払いについて紹介していきます。

リボ払いとは?

 
 

リボ払いとは、返済方法の1つでリボルビング払いと言います。カードローンの利用金額、利用回数に関係なく毎月決まった一定額の返済である事が特徴です。例えば、10万円のお買い物をしたとしましょう。リボ払いの設定が月々1万円だとしたら10万円の返済ではなく1万円を返済していけば良いのです。分割支払いに似ていますね。リボ払いと分割払いの違いについてはこの後ご説明します。
カード会社によりますが、リボ払いの支払額の設定は低いところで3,000円からあるそうです。大きい買い物をしてしまって、支払えると思っていたが急な出費があり返済が難しくなってしまった、という時にとても便利です。また、自分が支払える範囲の返済額に設定できるので経済的にとても助かります。リボ払いの設定はインターネットや電話からできます。手続きも難しいことはなく簡単で安心です。

 
 

リボ払いと分割払いの違いは

 
 

リボ払いと分割払いは、例えば15万利用したらその返済金額を何か月かに分散して返済することができます。この点はとても似ていますが、この双方の決定的な違いは「1か月に何回利用してもいくら利用しても返済額が一定か、一定じゃないか」という事になります。

 
 

分割払いは便利ですが、高額商品の分割払いがもし5件貯まっていたら結構な額になりますよね。例えば、1件の分割支払い額が3,000円だとして5件あるので総額1万5,000円の返済となります。しかし、リボ払いでは3,000円の買い物が5件あったとしても1か月の返済額が1万円の設定であれば1万以上の請求が来ることはありません。返済額が一定なので家計管理がしやすくなります。
そしてもう1つの決定的な違いが、分割支払いは決済時に分割であることを設定していなければ分割になりません。しかし、リボ払いは決済後でもリボ払いに変更することができます。この事を「あとからリボ」と言います。

 
 

あとからリボ払いに変更できる、あとからリボ

 
 

先ほどもお話しました、あとからリボについて紹介します。例えば、翌月はボーナスが出るので10万円ほどの大きい買い物をしたとしましょう。しかし、急な出費があり翌月10万円の返済ができなくなってしまった。こういう時、あとからリボがとても便利です。既に決済してしまった支払いをリボ払いに変更できます。あとからリボ払いに設定するので「あとからリボ」と言います。
今はインターネットですぐ、あとからリボへ変更の手続きができてしまいます。あとからリボへ支払い方法を変更すれば、翌月の返済は自分が設定した返済額(例えば5,000円や1万円など)に変わります。
急な出費で返済が滞ってしまいそうな時はあとからリボがおすすめです。

 
 

多額の返済ループから抜けることができる

 
 

カードローンの返済が原因で毎月の生活が厳しくなってしまい、足りない分の生活費をまたカードローンで補ってまた翌月の生活も厳しくなってしまう。という返済ループにハマっていませんか?
そういう時こそリボ払いを利用し、返済ループから抜けましょう。月々の返済額を3,000円にするなど、返済をしても自分の生活が苦にならない範囲の返済額に設定することをおすすめします。まずは自分の生活に支障をきたさない範囲の返済額にする事がとても重要です。そうすることによって、カードローンを利用する機会を減らし返済額を徐々に減らしていける事が予想できるからです。そしてまとまったお金ができたり、生活に少し余裕が出てきたら、返済額を上げていけば破産する心配もありません。

 
 

 
 

 
 

生活状況に合わせて返済額を変えられる

 
 

カードローンの返済方法をリボ払いにすれば自分の生活状況に合わせて返済額を変更することができます。生活が厳しい時の返済額は3,000円に設定してコツコツと返済していきましょう。生活に余裕ができてきたら、返済額を5,000円や1万円に上げていきましょう。返済額の変更はいつでもインターネットで手続きすることができます。
又、1万円の返済を続けているが他の出費が重なり生活が厳しくなってきてしまった、という時は返済額を5,000円や3,000円など無理なく返済できる範囲の金額に落とすことも可能です。一括支払いや分割払いよりは完済までに少し時間がかかってしまいますが、自分の生活状況に合わせて返済額を変えられるのはとても助かります。

 
 

リボ払いでカードローンの返済負担を軽くしよう

 
 

自分の生活状況に合わせて、カードローンの返済額を設定できるのがリボ払いです。毎月、カードローンの返済に追われ生活が苦しくなってしまっている方、一度リボ払いを利用してみてはいかがでしょうか?無理な返済はやめて、無理ない範囲で少しずつ計画的に返済をしていきましょう。リボ払いを利用すればカードローンの毎月の返済負担を軽くすることができます。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る