住宅ローンを返済できない場合の対処法

住宅ローンを返済できない場合の対処法

54view

2018.10.13

 
 
 
 

 
 
 
 

住宅ローンを返済できない場合には、住宅が差し押さえられて競売にかけられます。しかし、競売にかけられてしまうと、市場価格以下でしか売却できません。残ったローンと相殺したとしても借金が残ることになるでしょう。残った借金は家を失っても払う必要があります。ここでそんな住宅ローンに関して、返済ができないときの対処法を紹介していきます。

 
 

一時的ならローン会社に支払いの相談をする

 
 

住宅ローンが返済できなくなる前に、ローン会社に相談する方法があります。急病や休職などによる一時的な支払いの遅延であれば、住宅ローン会社は相談に乗ってくれるでしょう。ローン会社としては競売で支払いが終わってしまうよりも、長くかかっても完済してもらった方がいいからです。ただし、相談する時期は滞納する前に相談することが大事です。滞納してしまうと、ローン会社に相談しにくくなります。滞納して住宅を失うよりは相談して、利息分を上乗せしてでも支払い続ける方がいいでしょう。

 
 

住宅を任意売却で売却する

 
 

住宅ローンを返済できない時に、滞納し続けると自動的に住宅を差し押さえられて、競売にかけられます。競売にかけられると家は安くしか売れませんし、借金が残ることが多いです。そうならない対処法としては任意売却があります。差し押さえられる前に、住宅を市場価格で売ってしまう方法です。競売にかけられたときほど安くはなりませんし、引っ越し代金などの資金を捻出することができる可能性があります。

 
 

任意売却はローン会社と交渉して、行います。このときに法律の専門家と不動産会社に相談することを忘れないようにしましょう。任意売却でローンを帳消しにできるかは、この交渉で決まります。法律の専門家が入ることでローンがなくなる確率を上げられるのです。そのような知識がないと、持っていない家のローンを支払い続けることになります。法律の専門家にはあらかじめ事情を説明して、相談しておくと帳消しの方向で交渉を進めてくれるでしょう。

 
 

帳消しになる理由としては、ローンが残ったとしても自己破産をする人が多いからです。住宅が残っていないのにローンを支払うくらいなら、自己破産をしてしまおうと考えるのです。そうなると、ローン会社は残りのローンを受けとることができません。それであれば先に帳消しに応じてしまうという流れになるのです。一方、ローン会社からすれば、競売でも任意売却でも全額を取り戻せることはありませんので、できる限り多く取り戻せる可能性がある任意売却を選びます。

 
 

競売ではローン会社の取り分が減ることになるのです。ただし、ローン会社は売り先を見つけてくることはできませんので、不動産会社が必要になるでしょう。不動産会社が売り先を見つけることができれば、任意売却は成立します。任意売却の交渉が上手くいけば、ローンがなくなって再出発できる可能性が高くなります。

 
 

住宅ローン以外の支払いを債務整理する

 
 

住宅ローンの返済ができない理由には、他の借金があって返済できない場合があるでしょう。そんなときは住宅ローン以外の借金に対して、債務整理を行うと、住宅ローンの支払いができる可能性があります。債務整理をすると、住宅を手放さければならないと思われがちです。しかし、住宅ローンを支払っている会社以外に任意整理などの債務整理をするのであれば、問題ありません。そのような方法で借金が減ることがあれば、住宅ローンに回せるお金が出てくるかもしれません。住宅に住み続けたいのであれば、この方法は有効です。住宅ローンを支払う資金を確保することができますし、住宅を失わずに済むからです。

 
 

自己破産で対処する

 
 

住宅ローンの返済ができなくなったときの最終手段は自己破産です。自己破産をしてしまうと、何も残らないです。そのため、住宅ローンを払う必要がありませんし、貯金もなくなります。自己破産は他の方法がなくなった最終手段と考えるといいでしょう。返済するための色々な手段を試して、それでも上手くいかないときに自己破産をすることが重要です。

 
 

自己破産してしまうと、その後の生活への影響が大きいからです。7年間は新たな借金ができませんし、クレジットカードは使用停止になり、作成することができません。そのため現金生活を余儀なくされます。他のデメリットとしては、弁護士など特定の職に就くことができなくなります。その仕事をしている場合は、復権するまでは仕事ができなくなるのです。

 
 

そんな自己破産ですが、自己破産をするためには条件があります。返済能力がないなどの条件をクリアすると、自己破産できるでしょう。自己破産するためには裁判所の決定が必要ですので、専門家に依頼することが重要です。手続きの不備などがあると自己破産できない場合があるので、その点には注意を払っておきましょう。

 
 

 
 

 
 

住宅ローンを返済できない場合の対処法のまとめ

 
 

住宅ローンを返済できない場合の対処法としては、ローン会社に相談することから始めます。延期をしても返済できないときは、任意売却を行います。他に債務整理で住宅ローン以外を整理して、住宅ローンを払えるようにすることもできるでしょう。最後の手段としては、自己破産があります。このように住宅ローンを返済できないときの対処法はいくつかありますが、自分の状況に合わせて行うことが重要です。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る