その借金、過払いは?債務整理でパチンコの借金が0になる可能性

 

借金減額・過払い金の無料診断

 

借金減額シュミレーター

 

毎月のカードローン返済が厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

その借金、過払いは?債務整理でパチンコの借金が0になる可能性

30view

2018.09.17

パチンコやギャンブルでできた借金をなんとかしたい

パチンコの借金も債務整理できる

パチンコで借金が膨らむ理由は、「賭けることやパチンコを打つことを単純に楽しむ」という健全な動機が「負けを取り戻したい」「興奮を味わいたい」という欲求にすり替わることからくると考えられています。膨らんだ借金は日常生活に支障を来たすだけではなく、人間関係まで壊していきます。

どうしようもなく増えてしまった借金を返済する方法の選択肢の一つとして挙げられるのが「債務整理」。その債務整理にも種類があり、パチンコでの借金に適応できるものとできないものとがあります。

債務整理には4種類!合った方法を選択しよう

債務整理には

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

の4種類があります。
まず、任意整理とは借入先の債権者と交渉して将来利息や返済方法などを決め直し返済を楽にする方法のことで、裁判所を介さずに行うことができ、最も多くの人が利用しています。

次に、特定調停とは簡易裁判所が間に介入して債務者と債権者の間で交渉を行います。そして個人再生の場合は裁判所に申し立てを行い、債務を大幅に減額してもらって利息を付けず分割払いにしてもらう手続きを進めます。

最後に、自己破産とは多くの人が知っている通り裁判所に「破産申立書」を提出し「免責許可」をもらうことで税金などの非免責債権を除くすべての借金をゼロにする方法のことです。どの方法にもメリットとデメリットがありますが、共通するデメリットとしては信用情報(ブラックリスト)への記載があるということです。

免責不許可事由って何?裁量免責になるかどうかは専門家に相談!

破産法第252条第1項4号には免責不許可事由として「浪費又は賭博その他の射倖行為をしたことによって著しく財産を減少させ,又は過大な債務を負担したこと」と定められており、この項目からパチンコや浪費などが原因でできた借金は債務整理の対象にはならないと思っている人は多いようです。

しかし実際には「自己破産」以外の方法であれば借金の原因を問わないため、債務整理をすることが可能です。

また、自己破産の場合であっても、確かにパチンコは「免責不許可事由」に値しますが、裁判官による「裁量免責」で自己破産が認められるケースも多くあります。まずは専門家に相談してみるとよいでしょう。

債務整理と過払い金請求について知ろう

債務整理でパチンコの借金がゼロになるケース

債務整理をすることで、長く背負ってきたパチンコの借金がゼロになったケースを紹介します。
20年前からパチンコの軍資金のために消費者金融でキャッシングを始めたAさん。気が付けば借金が膨らんで返済が難しくなり、任意整理をすることにしました。弁護士を通じ、過払い金請求も合わせて行ったところ、過払い金の返還によって残債はゼロになったのです。

過払い金の請求は認められた権利

このケースで借金がゼロになったポイントは「過払い金」にあります。
2010年に改正貸金業法が施行されるまで、法律で定められている金利(利息制限法)と刑罰による罰則を受ける金利(出資法)は一致しておらず、この間の金利帯は「グレーゾーン金利」と呼ばれ、多くの消費者金融、信販会社はこの金利帯で貸し出しをしていました。

現在、この矛盾はなくなりましたが、法律が改正されたからといって過去の借金も自動的に適正な金利に変更されるわけではありません。

  • 段階的に貸金業法が改正され始めた2008年までに貸金業者と取引をした(している)人
  • 借金を完済している場合は最終取引日から10年以内の人(過払い金返還請求の消滅時効が最終取引日から10年のため)

この2つに当てはまる場合は過払い金がある可能性が高く、返還請求をすることは認められた権利です。しかし、グレーゾーン金利が廃止されてから10年近く経っているため、完済済みで心当たりがある人は早めに専門家に相談することをおすすめします。

債務整理や過払い金の請求手続きはどう進めたらいいの?

債務整理を始めるなら、まず法律事務所などに相談することです。弁護士に依頼して債務整理を始めると、債権者から借金の返済を督促されることがピタッとなくなります、なぜなら、貸金業法により弁護士が介入した後は債権者が債務者に直接督促をしてはいけないという決まりがあるからです。

これだけでも大きなメリットですね。専門家によく相談したうえで、自分に合った債務整理の方法を選択して進めていきましょう。

パチンコ依存はなかなか抜け出せないものですが、2018年の法改正により規制が厳しくなり、負けを一気に取り戻せることはほとんどなくなっています。この機会を好機ととらえ、債務整理と共に原因のパチンコを絶つことで、膨らむ借金を解決しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る