少しでも借金を減らしたい!借り換えローンと債務整理はどちらが便利?

少しでも借金を減らしたい!借り換えローンと債務整理はどちらが便利?

63view

2018.09.17

借金の悩みを減らしたい!

いつ何が起こるかわからない人生において、借金による苦しみは誰もが抱える可能性を持ったものです。どんなに堅実な生活をしていたとしても、自分ではどうにもならない原因によって借金を作ってしまい悩まされる人というのは少なくありません。自分とは縁のない話だと考えている方にとっても決して無関係の話ではないのです。

そして今現在借金に苦しんでいる方の負担を少しでも軽くするために存在しているのが債務整理です。債務整理は国によって定められている制度で、目的はずばり借金の返済に悩んでいる人の救済です。

今ある借金の返済額を減額したり無くしたりする制度であるため、利用するとそれなりにデメリットもありますが、それでも借金の苦しみを脱することができるのはあまりにも大きな見返りです。現在苦しんでいる方ならば十分に検討する余地のあるものです。

しかし、借金の負担を軽くするための方法は債務整理だけではありません。実は、債務整理以外の方法として借り換えローンという手段もあるのです。実際に借金に悩んでいる方であれば耳にする機会も多いであろう借り換えローン、果たして債務整理とは何が違い、どちらの方が有効なのでしょうか。本日は徹底的に解説をしていきます。

借り換えローンと債務整理を比較!

借り換えローン

借り換えローンとは、現在支払いを行っている複数の借金を一本化し、一つにまとめてしまう方法です。おまとめローンという名称で呼ばれることもあります。借り換えローンの方法は非常にシンプルで、借り換えローンを行う金融業者から、今現在返済を行っている複数の借金の総額を新たに借り入れることで返済を行い一本化します。

借り換えローンのメリットはまさにこの一本化です。借金は基本的に毎月決められた額(最小返済額)を最低限返済していかなければなりませんが、これは借金をしている業者の数が増えれば増えるほど、月に支払いを行わなければならない金額が膨らんでいくことを意味します。

しかし、借り換えローンによって借金を一本化することができれば、当然月に支払う金融業者は1社に限定されるため最小返済額を下げることができるのです。単純に月の返済日を1日にまとめることができるというメリットもあるし、借り換えローンを行う業者によっては金利を下げられる可能性もあります。

借り換えローンのデメリットとしては、先程からご説明している通り債務整理ではないという点です。返済額の減額や返済義務そのものを免除できる債務整理と違い、借り換えローンはあくまで借金であり、無くなることはありません。

また、一本化するために現在借りている借金を全て新たな借金で相殺するという形式の為、以前の借金で増えてしまった利息分も元金に組み込まれることになり、借入額の合計はむしろ増えてしまいます。

それだけでなく、一本化によって月の最小返済額を減らすことができた結果、完済までに時間がかかることになり、その分利息の合計も増えてしまう恐れがあるのです。今の負担を軽くできる分、長期に渡って返済に悩まされるところはデメリットと言えるでしょう。

債務整理

債務整理は、弁護士や司法書士に相談することで返済額を減額してもらったり、返済義務を免除してもらったりできる制度です。任意整理、個人再生、自己破産の3種類が存在し、それぞれの方法で借金の負担を軽くできます。

債務整理のメリットは借金の返済額の総額そのものに影響を与えてくれる点です。月の負担は減らせても借金の総額は減らせない借り換えローンに明確に勝る点と言えます。返済そのものを無くせる自己破産はもちろん、金利や返済状況によっては任意整理でも完済や過払い金が戻ってくる可能性すらあるのです。

しかし、効果が大きい分デメリットも大きく、債務整理を利用してしまうと一定期間新たな借金やクレジットカードの使用ができなくなるという重いペナルティがあります。借り換えローンと債務整理、どちらを利用するべきなのかは自分の状況や返済能力を考え、慎重に判断するようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る