連帯保証人になるとどんなデメリットがあるのか・そして断る方法について

連帯保証人になるとどんなデメリットがあるのか・そして断る方法について

40view

2018.10.24

 
 
 
 

 
 
 
 

借金の連帯保証人には絶対になってはいけないと家族に教えられたことはありませんか?連帯保証人と聞くと他の人の借金を自分が肩代わりしなければならないというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。しかし、具体的にどんなものなのかを説明できる人は多くありません。ここでは保証人と連帯保証人の違いや、連帯保証人になった際のデメリット、依頼されたときに断る方法を紹介していきます。

 
 

連帯保証人って何?保証人との違い

 
 

連帯保証人と保証人は同じだと思っている人も存在をしますが、責任の重さにも実は違いがあります。ここではまず保証人について紹介をし、そのうえで保証人と連帯保証人の違いについて述べていきます。保証人とは「人的担保」と呼ばれる担保の一種です。債務者が債務を履行できなくなった場合には保証人は債務者に代わり債務を履行しなければなりません。例として、Aさんが銀行からお金を10万円借りていた場合、あなたが保証人の場合には、Aさんがお金を返済できなくなった場合に、銀行は保証人であるあなたに返済を求めることができ、あなたはその返済に応じる必要があります。

 
 

この場合代わりに返済した保証人のあなたはAさんに対して、代わりに返済した分の支払いを要求することはできます。しかし、直接銀行に払えないAさんがすぐにお金を保証人のあなたに返せるとは思えませんよね。つまり保証人になるということは他人の借金を自分が肩代わりしなければならないというデメリットがあるのです。そのため、保証人にはなってはいけないといわれているのです。保証人についてここまでは紹介しましたが、次に連帯保証人についてどんなものなのかを紹介いたします。連帯保証人も人的担保のひとつですが、保証人に比べて債務が重くなります。

 
 

保証人と連帯保証人の違いについてですが、保証人の場合は本来の債務者がどうしても支払えなくなった場合にのみ債務を肩代わりする必要があるのに対し、連帯保証人は本来の債務者に返済をする余裕があっても債務を肩代わりさせられることがあります。先ほどの例のようにAさんが銀行に10万円借りている場合に、あなたが保証人である場合、代わりに返済する以外にも、まず保証人のあなたはAさんに払ってもらえる十分な請求を銀行に行ってもらうよう請求したり、Aさんに財産がありそれで弁済が可能であればそこから請求するように求めたり、保証人があなた以外にも複数いれば保証人の数で割った額が上限になるため代わりに返済しなければならない金額も少なくて済みます。

 
 

しかし、連帯保証人になってしまうと銀行がAさんに支払うよう請求せずにいきなり連帯保証人のあなたに請求してきたとしても、保証人のような権利がないため文句を言うことは許されず、連帯保証人のあなたがかわりに返済をしなければなりません。保証人のように保証人の数で割って支払うこともできず、Aさんの借金について返済の義務を負うことになってしまうのです。連帯保証人のほうが保証人よりもかなり重い責任を負うことになってしまいます。

 
 

また、連帯保証人についてはAさんが支払うことができず破産や免責手続きをとった場合においても、連帯保証人のあなたが代わりに支払わなければならないという責任はなくなりません。そのため、連帯保証人になるのは非常にデメリットが多く、危険であるということができます。連帯保証人になれば、人の借金まで背負うことになり、権利を主張することも保証人と比べるとできないのです。しかし、親しい人やお世話になった人から連帯保証人になるように依頼されることもあるかもしれません。親しい間柄ですと、断るのも難しいのではないでしょうか。そこで、次に連帯保証人になるよう依頼された際にうまく断る方法をいくつかご紹介いたします。

 
 

 
 

 
 

連帯保証人を頼まれた際に断る方法

 
 

保証人と連帯保証人の違いについて紹介し、連帯保証人のほうが保証人よりもデメリットが多く、かなり多くの責任を課されてしまうことを述べてきました。連帯保証人について詳しく知って連帯保証人になりたいと思う人はいないと思いますが、親しい間柄であったりお世話になっている方に連帯保証人になるように頼まれると、断りづらいですよね。

 
 

いきなり連帯保証人になるよう依頼される場面に遭遇すると、混乱して雰囲気に流されて連帯保証人になってしまうかもしれません。ここでは、連帯保証人になるよう頼まれた際に断る方法について、いくつかご紹介いたします。まず、保証会社をおすすめする手段です。連帯保証人を依頼してくる人も、相手に借金を負わせてしまう可能性があるので相当の覚悟でお願いしていることが多いです。支払えなくなったら、縁が切れることも多いでしょう。そこで、事前に少しお金を用意できる人であれば、保証会社に頼むよう話を持っていくのはよい手段といえます。

 
 

人間関係も壊すことなく保証会社という別の手段も提示することができるので、保証会社について知らない人は、そちらを検討するかもしれません。もうひとつの方法としては、連帯保証人になると先ほど説明をしたように、保証人とは違い借金を返済していない際に銀行がすぐに連帯保証人の自分に支払うように請求されることも伝え、リスクを知ってもらい家族を守るためにできないなどと伝えるのがよいでしょう。依頼する側も、保証人と連帯保証人の区別がついておらず依頼しているかもしれません。そんなときはしっかりと違いを説明することで、理解してもらい断りやすくなる可能性もあるのです。

 
 

 
 

 
 

保証人と連帯保証人の違いについて、それぞれのデメリットを把握し、断る方法を身に着けておく

 
 

ここまで保証人と連帯保証人の違いについて述べてきましたが、どちらについてもデメリットが存在しており連帯保証人については保証人よりもかなり思い責任を背負わなければならないということを理解していただけたと思います。これから様々な人と出会い、借金の連帯保証人を頼まれる機会があるかもしれません。先ほどの断る方法を思い出して、その際は対処をしてみてください。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る