借金返済と重なる?債務整理の費用は分割払いや後払いができる?

借金返済と重なる?債務整理の費用は分割払いや後払いができる?

55view

2018.09.17

債務整理の費用は後払いや分割払いができる!

任意整理の弁護士費用に不安がある人は多い

借金に悩んでいる際に返済をスムーズに行うためにも実施する債務整理ですが、債務整理の方法によっては費用がかかります。任意整理を始め弁護士や司法書士などの専門家にお願いする際には依頼する費用がかかりますので、こうした費用を準備できないと悩んでいる人も多いものです。

なぜなら、支払いがままならないからこそ債務整理を行おうとしているのに、その債務整理に新しい費用が発生してしまうという不安があるためです。しかし、近年では債務整理を行う際の弁護士費用について、分割払いや後払いを実施している弁護士事務所も増えています。こうした事務所に依頼することで直近の費用の準備といった金銭的不安を軽減することが可能となります。

弁護士費用とは

では弁護士費用とは具体的にどのようなものが当てはまるのか詳しくみていきましょう。主に弁護士費用としてあげられるものとしては2つの費用が存在します。

着手金

着手金は依頼をした最初の段階で支払う費用となります。名前の通り、依頼に着手し始めるために支払うお金という意味です。弁護士事務所の中には「着手金無料」と設定しているところも増えており、初期費用や全体の費用を抑えたいと考える人にオススメであると言えます。

弁護士事務所によっても着手金の金額は変動し、さらに同じ弁護士事務所内でも債務整理を検討する債権者の社数によって着手金の金額は異なります。着手金の金額は依頼する弁護士を選択する際のポイントのひとつですので、しっかりと確認しましょう。

成功報酬

成功報酬とは依頼者の依頼内容を元に債務者とのやりとりの結果、解決できた成功の程度に合わせて支払う費用です。これは基本報酬とも呼ばれ、一社当たり数万円といった形で請求されことが一般的です。他にも過払い金返還報酬や減額報酬といった債務整理の内容や結果に合わせて設定をしている場合もあります。

過払い金返還請求の場合は返還された過払金の数%を報酬としていたり、減額報酬の場合は減額できた借金の金額の数%を支払うといった形で報酬を設定したりしています。

後払いの注意点

弁護士費用を後払い可能な事務所もあると説明をしましたが、後払いや分割払い可能であることの注意点もあります。

まず、着手金の後払いや分割払いを可能にしている事務所がすぐに依頼に着手してくれるとは限らないということです。というのも一括で先に費用を支払う場合や着手金を支払う場合には費用を渡してすぐに着手して進めていくことが一般的です。

しかしそういった形を取らない分割支払いや後払いの場合は、「いつか着手してくれるか」という点についてしっかりと話を聞いておく必要があります。

着手金を分割払いや後払いにするケースでも全体の一部を先に支払うことで依頼開始となり、その後分割で残りの金額を支払っていくといった形の方が安心して依頼ができると考える人も少なくありません。こうした分割払いや後払いの際の依頼着手について話を聞いておくことを忘れないようにしましょう。

債務整理の際には後払い可能な弁護士に依頼しよう

債務整理には種類がありますが、弁護士費用を必要とするものがほとんどです。「今まとまった費用を準備することができない人」に向けて弁護士費用の分割払いや後払いを実施している事務所は増えています。

「弁護士法人 サンク総合法律事務所」「弁護士法人 東京ロータス法律事務所」「そうや法律事務所」といった事務所のホームページでは情報に費用の支払い対応について情報が掲載されています。こうした事務所のホームページの内容を元に数件の中で依頼先を検討する際の判断材料にしてみることも可能です。

また、ホームページを設定していない事務所や、分割支払いや後払いについての情報について公開されていない事務所の場合も、電話で直接問い合わせたり依頼相談の際に支払い方の種類について相談を行ってみたりすることで、分割支払いや後払いに対応してくれたという場合もありますので、積極的に質問をしてみることも忘れないようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る