借金の一部のみの債務整理はできる?メリット&デメリットまとめ

借金の一部のみの債務整理はできる?メリット&デメリットまとめ

57view

2018.09.17

原則一部のみの債務整理はできないが任意整理ならOK!

原則一部のみの債務整理はできない!その理由とは

一部のみの債務整理ができればいいのですが、原則できないことになっています。

債権者平等の原則がある

借金をすることになった原因や時期、金額などに関わらず、債権者1人1人はみな平等に返済する権利があるというものです。特定の債権者だけが返済をしていたのでは不公平さが出てきてしまいます。そのような理由から一部のみの債務整理は原則認めてもらえません。

では個人再生と自己破産の債務整理の場合はどうなのでしょうか?個人再生は住宅ローンのみ債務整理の対象から外せますが、それ以外は全て対象となります。また自己破産は一部の債務整理を一切行うことができません。自己破産する=支払い能力がないということにあたるからです。

任意整理であれば一部の債務整理ができる!

自己破産や個人再生などの債務整理の中で一番人気のある手続き方法「任意整理」。消費者金融や銀行などの債権者の一部と任意で交渉をして、借金額を減らしたり利息額などを変更したりする手続き方法です。任意整理は債権者が応じてくれるかどうかによってできるか否かが決まってきます。

一部のみの債務整理ができる任意整理そのメリット&デメリットとは?

一部のみの債務整理OK!任意整理の3つのメリット

任意整理は人気のある債務整理の方法とあっていくつか魅力があります。

メリット①保証人になってくれた人を巻き込まないで済む

一部のみの債務整理ができる任意整理。保証人をつけた借金に関してのみ任意整理対象から外すことで、保証人になってくれた第三者を、自分の債務整理に巻き込まずに済みます。もし任意整理の対象とした場合には、債権者は必ず保証人のもとへ借金返済請求をかけます。

これは保証人の信用情報を黒く塗りつぶして、多大な迷惑をかけることとなるため、任意整理の対象から外すのが無難です。

メリット②住宅を手放さなくて済む

住宅でローン返済をしている場合に債務整理を行なってしまうと、競売にかけられ手放さざる負えない状況となってしまいます。しかし一部のみの債務整理ができる任意整理の対象外の領域に入れておくことで、家を手放す必要がなくなります。ただし住宅ローン返済は滞りなく行なっていくことは必須条件です。

メリット③自動車の所有もそのまま継続できる

住宅ローンと同じように自動車ローンも任意整理の対象から外すことができます。車が引き上げられてしまうことを回避できるでしょう。家を守るとき同様、自動車ローンも完済するまでの間、引き続き払う必要があります。

番外編:クレジットカードの使用がしばらくできる

借金癖があるものの普段からクレジットカードの使用を頻繁に行なっている人も多いのではないでしょうか?もしそうならクレジットカードの使用がすぐにできなくなってしまうのは不便さを感じてしまいますね。

一部のみの債務整理ができる任意整理では、対象から外したクレジットカードであればカードの更新や途上与信までの期間は大抵使うことができます。ただし、これを弁護士が認めてくれるかどうかはわかりません。

一部のみの債務整理OK!任意整理の3つのデメリット

任意整理は過払い金が戻ってきたり、借金を減らしたりできる方法なのですが、デメリットもあるので、一部のみの債務整理をする際にはよくよく考えてからがいいでしょう。

再び債務整理をし直さないといけないケースも

一部のみの債務整理任意整理から対象として外した債権者への返済が厳しくなることがあります。返済することが難しく返済不能という状況に陥ってしまうと、再度債務整理をする必要が出てきて、費用も時間も倍、またはそれ以上かかることとなります。

自己破産ができなくなるリスクも

一部のみの債務整理を行なったあとで、戻ってきた過払い金。債権者への返済にあてることなく、自己破産前に全て過払い金を使い切っていた場合には自己破産ができません。

口座が凍結されてしまうことも

銀行A社の保証会社にB社がなっていて、それを知らないままAとBの両方から借入をしていた場合、任意整理の対象にB社のみを選択したとします。その際にB社がA社の債務保証を実行。それによって銀行A社の口座が凍結されてしまい使えなくなる事態となることがあります。

最終的には弁護士に相談を!債務整理の方法に困ったら……

債務整理を一部のみ行ないたいと考えているときもそうでないときも、債務整理の方法に困ったら専門家に相談するのが一番です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る