督促状を無視しつけると、裁判所から起訴されるって知っていますか

督促状を無視しつけると、裁判所から起訴されるって知っていますか

16view

2018.12.31

 
 
 
 

 
 
 
 

債権者からの督促状を無視して生活をしているという債務者の数は多いと言われています。そもそも、債権者側から督促されるということは借金の返済が滞ってしまっている為ですし、経済的な状況によって返済が難しいことが予想されます。その為、いくら督促をされていても、返済に応じることができないというのが現状と言わざるを得ません。

 
 

債権者側からの督促を無視し続けるとどうなる?

 
 

借金の返済が滞っていたり、遅延している状況が続くと、債権者としては返済してもらえずに困ってしまいます。そこで、債務者に対し、「借金の返済をお願いします」と言った督促を行います。中には口座振替での返済をしていて、ちゃんと引き落とされていたと思っていたというような人もいるので、この段階で支払えていないことに焦り、すぐに債務者に対し行動を起こすことになります。返済する意思があることがわかれば、必要以上に督促を行うことはなく、滞ることなく返済してもらうことを前提とし対処しますが、返済できる状況にない場合や返済する意思がないことが分かると、債権者は次の行動に移ることになるでしょう。
 
 

債権者にとっては貸したお金を返済してもらわなければビジネスとして成り立ちませんから、早急に返済してもらいたいというのが本音です。督促状を出したものの、債務者からの行動が一切ない場合、次の行動に移らざるを得ません。それが、裁判所に対して起訴することです。債務者に対し、返済してもらえるように行動する最終手段と言えるでしょう。

 
 

裁判所は起訴内容を債務者に対して送付する

 
 

債権者からの訴えに対して、裁判所は債務者に起訴内容が書かれた内容証明郵便を郵送することになります。内容証明郵便というのは、確実に届け先に届けたという証明が発行される郵便物のことで、この方法で送付した郵便物を受け取ることで、債務者はその事実を把握したと確認することができます。裁判所は、債権者からの訴えを債務者に伝え、法廷にて双方の意思を確認することを求めます。この段階で、焦って行動する債務者も多く、弁護士を付けて対処する人が出てきます。
 
 

裁判所からの督促状を無視し続けると、債権者側の訴えが飲まれ、財産の差し押さえや給料の差し押さえなどに発展していくことになります。法廷に立つことがないというのは、訴えを起こした側の意見のみが飲まれてしまう為、債務者にとってはリスクしかありません。少なからず、何らかの事情がある場合は、出廷し意思を伝えることが大切です。裁判所に対して素人が動いたとしても、自分に有利な状況を作り出すことは難しいので、弁護士に依頼することが大切です。この段階で、借金の返済が難しいと判断されれば債務整理を行うなどの対処になるでしょう。

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

裁判所が出てくる前に対処することが大切

 
 

借金の返済が滞ったとしても、罪に問われることはありません。しかし、生活基盤そのものを揺るがす事態に発展しかねないのは事実です。裁判所が出てきてしまうと、こちらの事情を酌んでもらうことは難しくなってしまう為、そうなる前に対処することが大切です。まず、債権者からの督促があった場合、返済できるかどうかをしっかりチェックしてください。多重債務者の場合、自分の経済状況的に返済が可能なのかを確認し、現在の状況では難しいと判断した場合は、弁護士に依頼し、債務整理の手続きを行うことが大切です。
 
 

債務整理には自己破産や任意整理、過払い金請求などが含まれてますが、このどれを利用するかを判断するのは弁護士になります。どちらにせよ、債権者側にとっては返済してもらないという現状は変わらないので困りものではありますが、債務者にとっては最低限の生活を確保することが可能となる為、財産の差し押さえや給料の差し押さえに発展するよりは幾分マシと言えるのです。

 
 

督促状を無視することは得策ではない

 
 

借金問題というのは、債務者にとって頭を抱えるようなことです。督促状が来れば精神的な負担は大きく、逃げたいという気持ちに駆られてしまうかもしれません。しかし、督促状を無視し続けていて良いことは一つもありませんので、しっかり対応することが大切です。状況によっては弁護士に依頼しサポートしてもらうことも必要となってくるでしょう。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る