生活が苦しくなる借金返済の問題点と解消の方法

 

借金減額・過払い金の無料診断

 

借金減額シュミレーター

 

毎月のカードローン返済が厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

生活が苦しくなる借金返済の問題点と解消の方法

11view

2018.10.10

 
 
 
 

 
 
 
 

借金返済による生活苦は根本的な解決が難しい問題があります。一つの返済を済ませるために新しい債務を作ってしまう自転車操業の状態になってしまい、多重債務に陥ってしまうケースもあります。債務整理を成功させるためには金銭管理の見直しが不可欠です。借金返済の正しい方法を学び、生活苦からの速やかな脱却を図りましょう。

 
 

借金返済の方法を誤ることで生じる問題点

 
 

借金返済による支出は元金に加えて毎月の利息分も支払いの出金額が大きくなることが多く、家計を圧迫する問題があります。特に複数の債務に対する返済を行っている場合、毎月の返済日の支出額も膨大なものになることから生活苦の状態に陥りやすいのが問題です。返済額を減らして支出を抑えるのが一般的な対処法ですが、借入時の契約内容によっては返済額の減額が出来ないこともあります。そのため、返済額の不足分を補うために新たな借り入れを行う自転車操業の状態に陥ってしまいます。

 
 

借金返済のために新しい借金を作ってしまう自転車操業は多重債務に直結するのが大きな問題点です。多重債務になることで毎月の返済額も増大し、遂には自身の収入だけですべての借金返済を行うことが不可能になってしまいます。収入額よりも毎月の返済額が上回ると生活が困窮を極め、破たんしてしまうおそれがあります。そのような状態になると自力での状態改善は非常に困難なので、早期のうちに債務整理など金銭の負担を軽減させるための対策を講じるのが問題の解消に繋がります。

 
 

自身の経済状態に適した債務整理の選び方

 
 

借金返済の負担を軽減させる目的で行う債務整理には幾つかの方法がありますが、負債額や返済計画などの条件別に最適な方法が異なるので詳細を確認してから判断することが大切です。自己破産は債務整理の中で最も広く知られている方法で、一切の債務に対する返済義務が消失するのが大きな特徴です。借金返済による生活苦から即座に解放される利点があるので多重債務に該当する債務者に適しています。その一方で自己破産を成立させるためには裁判所による認定を受ける必要があります。

 
 

自己破産の申請には法律の知識が必要なので、弁護士などの専門家に申請の代行を依頼することが大切です。また、自己破産は借金返済の義務が消失する一方で所有している資産のほとんどを放棄することになります。そのため、債務の金額や債務者の業種によっては自己破産が認定されて借金返済の義務が消失しても即座に自転車操業の状態から解放されません。

 
 

金銭の負担の軽減も効果が出るまで時間がかかってしまうので注意が必要です。自己破産が認定されることにより一定期間は一部の業種への就業が出来なくなる他、旅行や引っ越しなどの行為にも大きな制限が課せられます。債務整理を行う際には債務の金額の他、自身の生活様式や就業している仕事の業種などを考慮することを心がけます。自己破産以外の債務整理は返済期間の延長や当事者同士の話し合いなどの方法がありますが、それぞれに長所と短所があるので詳細を十分に確認して判断することが大切です。

 
 
 
 

 
 

 
 

自転車操業の状態に陥らないための心得

 
 

借金返済のために新しく借り入れを行う自転車操業の状態に陥ると、自力だけでの状態改善は非常に難しくなります。債務を複数抱ええていると利息の金額も膨大なものになり、毎月の返済が生活を著しく圧迫する結果になってしまいます。生活苦にならないためには借入時の返済プランをよく確認し、自身の収入だけで返済が成立出来る金額の利用に留めることが重要です。また、安易な借金を避けるのも生活苦に陥らないための心得なので、日頃から金銭管理を徹底することが大切です。

 
 

万が一、多重債務の状態になってしまった場合は自分だけで悩まず、借金返済の問題解決に詳しい弁護士などの専門家に相談するのが賢明な対処法です。債務整理の手続きは法律で定められた手順に沿って行う必要があるので、法律に精通している専門家に代行してもらうのが速やかな問題解決に繋がります。

 
 

自転車操業の状態では毎月の返済額を正しく把握出来ないことが多いので、余計に支払いを行っている可能性があります。法律の専門家に多重債務の問題を相談するのは過払い金の存在を明確にする目的もあるので、多少の手間がかかっても法律の専門家に相談するのが金銭の負担を軽減させることに繋がります。
借金返済による生活苦は債務者本人だけではなく親族にとっても重要な事柄なので、問題を先送りにせず速やかに適切な解決策を講じることが大切です。場合によっては債務整理も検討するなど、多重債務に陥らないための方法は慎重に判断して生活を破たんさせないように注意します。

 
 

借金と上手に付き合って生活に余裕を持たせよう

 
 

無理な借金返済を行うと金銭の余裕がなくなり、却って生活苦の状態に陥ることがあります。複数の債務を抱えて自転車操業の状態になってしまうケースもあるため、借金返済は自身の収入に見合った金額で済ませるように調節することが大切です。金銭管理を徹底し、無暗に借り入れを行わないのが生活の破たんを防ぐための心得になります。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る