借金の債務整理後はクレジットカードを使えなくなる?

 

借金減額・過払い金の無料診断

 

借金減額シュミレーター

 

毎月のカードローン返済が厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

借金の債務整理後はクレジットカードを使えなくなる?

23view

2018.09.17

債務整理のペナルティ

借金に悩む人にとって、大きな味方と言える債務整理。ある意味で最終手段ともいえるものではありますが、借金返済の負担を確実に減らし、もうどうにもならないと思っていた人生を前向きに生きなおすきっかけにもなってくれます。

借金に苦しんでいるのならば是非とも知っておきたい債務整理ですが、利用するといくつかのペナルティが発生するのも事実。中でも債務整理について聞いたことがある人の不安点として挙げられやすいのが、クレジットカード使用についてです。

債務整理を行うとクレジットカードが使えなくなるという噂はよく聞こえてきますがこれは本当の事なのでしょうか。結論から申し上げますと、残念ながら事実という事になります。

債務整理とは、借金に苦しむ人を救済するために法で定められた制度の事です。「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類が存在しますが、目的は基本的に全て同じで、借金の負担を軽減することにあります。任意整理と個人再生では借金額を大幅に減額することで今後の負担を軽くすることができ、自己破産では借金の返済義務そのものを免除してもらうことができます。

ポイントは法で定められた制度であるという点で、弁護士や司法書士に相談し、任意整理以外の手段ならば裁判所を通すなど、手順を踏むことで合法的に借金の負担を軽くできます。

しかし債務整理とはいわば自分で作った借金を踏み倒すような行為であることも事実。それを法に則って行う以上、それなりのペナルティは発生します。中でも任意整理、個人再生、自己破産の全てに当てはまるペナルティが信用情報機関への登録、俗にいう「ブラックリストに載る」という状態です。

債務整理を行うと一定期間、その情報が信用情報機関に登録されます。信用情報機関に登録されることのデメリットは、新たな借金やクレジットカードの新規作成、既存のカードの使用ができなくなることです。期間は行った債務整理の種類によっても一部左右されますが、少なく見積もっても数年単位で借金やクレジットカードの利用ができなくなるのです。

住宅ローンなど、新たな借金ができなくなることもつらいものですが、中でも影響が大きいのはクレジットカードの存在です。社会人として生活していればキャッシュ以外の方法で支払いを行う機会もそれなりにあるもの。

またインターネット上でのショッピングもメジャーになってきた現在ならばなおさらです。この大きいデメリットを何とか克服する方法は無いものでしょうか、ここからは、債務整理後にクレジットカードやカード支払いを利用するための方法をご紹介します。

債務整理後にもクレジットカードを使いたい!

債務整理を行い信用情報機関に登録されると、新たにクレジットカードを作ることができなくなります。また、それだけでなく現在所有しているクレジットカードの使用も原則不可能になってしまうのですが、唯一、例外も存在します。それは債務整理の中でも任意整理を行った場合です。

任意整理は、その名の通り任意で債務整理を行う負債を選択することができます。全ての借金を一括で処理する個人再生や自己破産と違い、債務整理したくないものを選択して外すことができるのです。これによって使いたいクレジットカードを債務整理の対象から外しておけば、債務整理後もクレジットカードの使用は可能です。

ただし、この方法では未使用であったり債務残高が少なかったりといったカードを残す事が重要になります。これまで使い続けてきたクレジットカードの場合、仮に任意整理の対象から外していたとしてもカード会社に気づかれてしまうためです。しかしあまり使われていないカードの場合は気づかれても使用を止められない可能性があり、使い続けることができるのです。

また、その他の方法としてはデビットカードを作るのも有効です。デビットカードは使用すると口座から直接残高が引かれるカードで、作る際にも審査を受ける必要がありません。カード支払いが必要な状況に対応するだけならば十分に有効な方法でしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る