みんなの借金する理由と懐事情について

「こんなことでお金を借りているのは自分だけでは?」と思うと不安になってしまうものですが、借金の理由は人それぞれ、気にし過ぎる必要はありません。しかしやはり他人の理由は気になるものです。
借金をしていること自体周りに隠しているという人が多いので、他人の借金理由を知る機会はそうありません。ここでは、なかなか聞けない借金の理由のうち、数が多いものを紹介しています。

必要に迫られて…「失職」「倒産」「引越し」そして「学費」

借金の理由で多いのは「やむを得ずお金を借りなければならなくなった」というケースです。
失職や退社はその最たる例でしょう。仕事がなくなれば当然収入がなくなり、次の仕事が決まるまでは預金を切り崩して生活しなければなりません。仕事をしているときは計画的に貯蓄できていたとしても、収入がなくなれば預金はあっという間になくなってしまいます。家族がいれば当然負担は増えてしまいます。生活のためにお金を借り、そのまま借金から抜け出せなくなってしまった、というケースは非常に多いのです。
同じく「仕事を失う」ケースであっても、自ら事業をしていた場合、倒産したときに受けるダメージはより深刻になります。タイミングを見誤った結果資産を取り崩してしまうこともあるので、事業への見切りは適切に行う必要があると言えるでしょう。
  
意外に多いのが引越しに伴う借金です。「引越し貧乏」という言葉もあるように、引っ越しは非常にお金がかかります。引越しにかかる費用というと引っ越し会社に支払う運送費をイメージしますが、それよりも大きな負担となるのが敷金礼金です。入居するタイミングで何十万と言うお金が必要になるため、新社会人などお金が手元にない人は借金でそれを賄わなければならなくなります。不動産会社への仲介手数料や、賃貸から引っ越す場合の原状回復費用、退去費用などの費用が発生することも多いです。
  
奨学金も借金の1つです。大学進学の際非常に頼りになるので多くの人が利用していますが、社会人になれば返済していかなければなりません。返済が辛いからといって逃げることは許されず、返済が延滞するとブラックリストに載る、連帯保証人に迷惑がかかる、督促がかかり場合によっては法的措置が取られるなどのリスクが発生します。

見栄が原因になる「結婚式」や「飲み会」

借金を重ねてしまう人で多いのが、つい見栄を張ってしまうという人です。
見栄が原因で起こる借金の例に、結婚式があります。一生に一度の結婚式、大勢を招待して豪勢にやりたい、という人は少なくありません。中には複数回結婚式を行うという人もいます。しかし結婚式は招待客が増えれば増えるほど、豪華にすればするほどお金がかかるものです。そこを無視して「一生に一度なのだから多少借金をしてでも」と思ってしまうと、費用はどんどん膨らんでいきます。また、結婚式を予定しているカップルは多かれ少なかれテンションが上がっています。
  
業者に言われるがまま高い費用を支払ってしまうというケースも多く、値段と式のクオリティが見合っていない式を挙げてしまうことも多いのです。結婚式で大きな借金をしないためには、身の丈に合ったプランにすること、工夫をして費用を節約することを忘れないようにすることが大切です。
お酒が見栄を暴走させてしまうこともあります。社会人にとって飲み会は避けては通れないイベントです。年末年始などで飲み会が重なりお金が飛んで行った経験がある人は多いでしょう。お金がないのに立場を気にして出席、必要ないのに他の人の参加費まで払ってしまうといった行動で借金することになる人もいます。

こんな理由も?「財布の紛失」「帰省」

意外に少なくないのが、財布を紛失したという理由です。普段大金を持ち歩いている人ほど気を付けなければなりません。失職や引越しといった他の理由と違い、財布の紛失は事前に対策を打つことができません。人生でそう何度もなくすことはないでしょうが、リスクを最小限にするためには、生活費全てを持ち歩かない、免許証や保険証などは財布とは別の場所で保管するといった対策を取る必要があります。しょっちゅうなくしてしまうという人はスマートフォンのアプリなどを利用し、財布の紛失を防ぐようにしましょう。うっかりで借金を増やさないようにすることが大切です。
  
人によって大きく事情が変わってくるのが、帰省による借金です。実家が近所にあって気軽に帰ることができる人はピンとこないかもしれませんが、実家が遠いとかなりお金がかかります。新幹線や飛行機に乗らないと帰れない、という場所なら尚更です。家族が多いと、全員分の交通費だけで数十万円が必要になることも珍しくありません。お金がかかるから帰省しない、とはいかない点も辛いところでしょう。帰省のタイミングは決まっていることが多いので、閑散期を狙って節約するという手段が取りにくいのも難点です。帰省費用のせいで借金にまで至るのであれば、一度親類で話し合ってみるのがいいでしょう。

気持ちのタガが外れてしまう…「旅行」「散財」「ギャンブル」

気持ちがつい緩んでしまってお金を使ってしまう、というのも借金の大きな理由の1つです。
旅行は財布の紐が緩みがちなイベントの1つでしょう。普段なら節約のため我慢するようなことで、旅行中だと「せっかく来たのだから」と気が大きくなってしまいがち。旅行から帰ってきたら財布からお金がなくなっていた、という事態を避けるためにも、浮かれすぎることのないよう気を付けることが重要です。
  
旅行費用を借金する人もいますが、これも問題です。確かに旅行は知識や見聞を広げてくれるものです。「借金する価値がある」という考えもあるかもしれませんが、それで生活に支障をきたすようでは本末転倒です。旅行は借金ではなく、積立によって費用を賄うようにしましょう。もう旅行に行くことが決まっているなら、予算に合わせて行先を変更する柔軟性を持つことも必要です。
衝動買いも気を付けたい行動です。人間だれしも衝動に駆られて買い物をすることはあるでしょう。しかし額が大きくなり借金してまで買い物をするようになれば大問題です。ついいらないものを買ってしまうという人は、クレジットカードやキャッシュカードを持ち歩かないようにする、財布の中にお金を入れないようにするなどの具体的な対策を取る必要があります。それでも買い物に対する衝動を抑えられない場合は、買い物依存症に陥っている可能性を疑いましょう。依存症になってしまうと自分で生活を立て直すのは困難なので、周囲に相談したり、心療内科などの医療機関を受診することが必要になります。
  
ギャンブルによる借金も無視できない理由です。パチンコや競馬は、無理のない範囲であれば楽しい娯楽となり得ますが、生活費まで使い込んでしまうようなら一度ギャンブル依存症を疑った方がいいでしょう。ギャンブル依存症は精神的な疾患です。ギャンブルを辞めたいと思っても辞めることは困難となり、その間どんどん借金は膨らんでいきます。依存症の存在が広まった現代であっても「借金してまでギャンブルにのめり込むなんてだらしない人間だ」というイメージは強く、仕事や人間関係、家族を失うケースも少なくありません。買い物依存症と同じく、ギャンブル依存症も自分で改善するのは困難です。医療機関を受診したり、自助グループに参加するなどして、長い目で治療を続けていく必要があります。

まとめ

借金に至る理由は人によって違います。やむを得ずお金を借りたという人もあれば、性格的なものや病気が関係していることもあります。
どんな理由であっても、借金のせいで生活が苦しくなってきたのであれば、一度債務整理を検討してみましょう。返済を楽にすることができるので、生活を立て直しやすくなりますし、借金の理由をはっきりさせることも可能になります。