借金返済を弁護士に相談するメリットとは?

借金返済を弁護士に相談するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

一般に弁護士というと、交通事故や離婚問題の解決といったイメージがあるかもしれませんが、借金問題の解決も弁護士が担う専門分野です。

債務整理は自分で行うことも可能ですが、弁護士に依頼することでどんなメリットがあるのでしょうか。 

そこで、この記事では、借金返済を弁護士に相談するメリットについてご紹介していきます。

①取り立てがとまる
②手続きの手間が省ける
③家族にバレることがない

借金返済を弁護士に相談する3つのメリット

債務整理の手続きは、裁判所を介さないため自力で行うことも認められています。

それでは、借金返済を弁護士に相談するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、自力で任意整理を進めた場合と比較して、以下にメリットを紹介します。

①取り立てが止まる

自力で債務整理の手続きをした場合、手続き期間中も債権者からの取り立てが止まることはありません。

しかし、弁護士に依頼した場合には取り立てが止まります。正式に委任契約を締結した時点で、弁護士から債権者に対して「受任通知」が送られます。

受任通知を受け取った債権者は、貸金業法により債務者への直接取り立てが禁止されるため、以後の取り立てが止まるのです。

取り立てが止まるから安心して手続きを進められるね!

 ②状況にあった最適な解決方法が得られる

弁護士に相談した場合、相談内容をもとに、もっとも適した借金解決方法を提案してもらうことができます。

借金解決方法の一つに債務整理と呼ばれる手続きがあります。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産と3つの方法があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

個々のケースに見合った手続きを選択しなければ、債務整理の失敗や本来負う必要のなかったデメリットを被る可能性があります。

自分に最適な解決方法を教えてくれるんだね!

 ③手間を省くことができる

債務整理の手続きを自分で行う場合、さまざまな書類の作成・準備や、債権者との交渉といった手続きをすべて行わなければいけません。

また、債務整理の手続きには高度な法律知識が不可欠であり、自分で調べながら手続きを進めるのは大変な手間です。

弁護士に依頼した場合、必要な書類の提出や裁判所への出頭などを行うだけで、複雑な書類の作成や債権者との交渉を行う必要はありません。

後は弁護士からの結果報告を待つだけだね!

 ④家族に知られることがない

借金問題はデリケートな内容であり、たとえ家族であっても内緒にしておきたい人もいるかと思います。

債務整理の手続きを自分で進めた場合、「自宅に債権者からの連絡があった」などを理由として、家族に借金を知られてしまう可能性があります。

債務整理を弁護士に依頼した場合、以後の債権者からの連絡窓口は弁護士になります。

従って、前述の通り取り立ては止まりますし、債権者から自宅に連絡が届くといったこともなくなります。

また、事前に相談することにより弁護士から自宅に送付される書類についても、事務所名などを伏せて送ることができます。

手続きの窓口は弁護士になるんだね!

まとめ

 ここまでで、借金問題でお悩みの方向けに、弁護士に相談することのメリットについて解説してきました。債務整理を利用することによって、借金を減額してもらえる可能性があります。

しかし、債務整理の手続きには法律知識が必要不可欠であり、大変な手間がかかります。

実際に借金減額を依頼する際には、弁護士や司法書士などの専門家へ相談するようにしましょう。専門家のアドバイスをもとに、自分の状況に最適な借金減額方法が分かります。