借金を減らすおすすめの方法とは?返済方法のおすすめ3種類を比較

消費者金融やカードローンの借金返済が難しい場合、どのようにしたらよいのでしょうか。

借金の返済を考えるうえでは、「いくら借りていて」「いくら返済しているのか」を確認することが重要です。

また、借金を効果的に減らしていくにはいくつかの返済のコツがあります。

そこで、この記事では、借金を効果的に返済するコツと返済できない場合の対処法を紹介していきます。

①借金返済のコツは支払う利息を少なくすること
②支払う利息を少なくするには返済方法を工夫する
③どうしても返済できない場合は債務整理を選択する

借金を効果的に減らす3種類の返済方法

消費者金融やカードローンの借金返済に悩む方は、毎月の返済負担を少しでも減らしたいと誰しも考えるのではないでしょうか。

借金のうち元本については、基本的に返済していく以外に減らす方法はありません。

しかし、返済方法を工夫することによって、支払う利息を軽減することが可能です。

ここでは、借金を効果的に減らす3種類の返済方法について紹介していきます。

金利の高い借金から優先的に返済する

消費者金融やカードローンの借金は、マイカーローンなどと比べて金利が高い傾向があります。金利が高い借金ほど、毎月の返済額に占める利息の割合は大きくなり、返済が長期化するほど総返済額が大きくなってしまいます。

従って、借金返済の利息負担を軽減するために金利の高い借金から優先的に返済していくことを検討しましょう。長期的な視点で見ると、返済総額を減らすことに繋がります。

利息が高いと返済総額も大きくなるんだね!

返済額を増額・繰り上げ返済をする

家計を見直しするなどにより、借金返済に充てられるお金が捻出できそうな場合、毎月の返済額を増額することを検討しましょう。

毎月の返済を増やすことにより、元金が減るペースが早まります。返済期間の短縮により、支払う利息や返済総額を抑えることができます。

また、ボーナスなどの臨時収入がある場合は、繰り上げ返済をすることも検討しましょう。

繰り上げ返済とは、月々の返済とは別に追加で返済をする方法です。返済額の増額と同様に、支払う利息や返済総額を軽減する効果があります。

返済額を増やすと支払う利息が少なくなるんだね!

おまとめローンを利用する

複数の金融機関から借金をしている場合、銀行などが提供している「おまとめローン」を利用して借金を一本化することを検討しましょう。

おまとめローンを利用することにより、借金の管理がしやすくなる、金利負担が軽くなる可能性があるといったメリットを受けることができます。

ただし、借金の元金を減額することはできないため注意が必要です。

おまとめローンで一本化すると借金の管理がしやすくなるね!

どうしても返済できない場合、債務整理を検討しよう

借金をどうしても返済できない場合、債務整理と呼ばれる方法があります。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産という3つの方法があり、借金の減額や免除をしてもらうことによって生活の再建を図ることができます。

「返済を長期間滞納している」「収入がなくなってしまった」「年収の半分以上の借金がある」といった場合には、債務整理によって借金問題を解決できる可能性があります。

債務整理の手続きには法律知識が必要不可欠であるため、弁護士・司法書士などの専門家と相談しながら進めていくとよいでしょう。

まとめ

ここまでで、借金を効果的に減らす返済方法について紹介してきました。

債務整理をおこなわない場合、借金の元金を減らすことはできません。返済方法を工夫することによって、支払う利息を効果的に減らしていきましょう。

また、どうしても返済ができない場合には、債務整理の手続きをすることも検討しましょう。今ある借金を滞納している場合、放置しておくと返済額が増え続けてしまいます。

弁護士・司法書士などの専門家へ相談し、早期解決を目指していきましょう。