フリーターでも利用できるカードローンと返済計画の重要性

フリーターはお金に困ってしまったという状況に陥ることが珍しくありません。収入があまり安定していなくて水準も低めだからですが、困ったときにはカードローンを利用することもできます。ただし、安易に利用してしまうと後悔することになりかねないので返済計画を立てましょう。どのような点に注意しておく必要があるのでしょうか。

フリーターでもカードローンを利用可能

フリーターはお金を借りるのが難しいと考えられていますが、それは強ち嘘ではありません。アルバイトで収入を得ている場合には正社員で企業に勤めているのに比べると収入があまり安定していないので返済できなくなるリスクがあるからです。

しかし、収入の水準が低く、場合によってはアルバイトの契約を継続できなくて収入が途絶えることもあるからこそ、必要時にはお金を借りられるようにしたいという声も大きくなっています。そのニーズに応じるために金融機関もサービスを考えるようになり、カードローンを利用できるようになってきました。

銀行系でも消費者金融系でも審査を受けると通過できる可能性が高くなってきています。カードローンの対象となる人の候補としてもアルバイトやパートで働いている方という明記が見られることも多く、安定した年収がある場合にはかなりの確率で審査を通過可能です。ただし、既に大量の借り入れをしていたり、携帯電話を月払いで購入して支払い中だったり、クレジットヒストリーに問題があったりすると審査は通りにくくなります。

また、収入に関連する書類を提出した結果として、先々まで収入が安定しているかが不安に思われると審査が通りにくいというのが一般的です。頻繁にアルバイト先を変更していたり、シフトの入れ方がまばらで月収が安定していなかったりするとそれが原因で審査落ちしてしまうことがあるので注意しましょう。

カードローンを申し込む前の数ヶ月は収入を安定させられるようにコンスタントに働いておくのが大切です。一方、総量規制についても理解しておくことは重要になります。消費者金融系のカードローンの場合には年収の三分の一以下が上限額になるのであまりにも年収が少ない人の場合にはほとんど借りられません。これに対して銀行系の場合には総量規制を受けないので収入が低めでも多めに借りられる可能性はあります。

しかし、一般的には審査が厳しいのでフリーターの場合には消費者金融系の場合と上限額にあまり違いが生じないのが通例です。審査機関の短さを考えると消費者金融系の方が優れている場合が多くて即日で借りられることもあります。銀行系の方が金利は低めになりやすい傾向があるので、急ぎで融資を受けなければならない場合でなければまずは銀行系のカードローンから審査を受けてみるのが賢明でしょう。

複数のカードローンに申し込むと上限額が低くなったり、審査が通りにくくなったりするリスクがあるので注意が必要です。これが最も良いというカードローンから順次審査を受けていくようにするのが無難と言えます。

金利と返済方法を考慮した返済計画が大切

フリーターがカードローンを利用するときには返済について熟慮しておく必要があります。契約した会社によって金利や返済方法には違いがありますが、それをよく考えて借り入れる金額を決めないと返済苦に追われることになることもあるからです。収入が確実に安定しているフリーターの場合には、月収から考えて毎月返済に使える金額を考え、それを上限として返済できるように借り入れるのが基本になります。

毎月定額で返済する仕組みになっているカードローンを選んだ場合には借りる金額が増えるほど長期的な借り入れになってしまうので、期間を試算してそのときにも確実に収入が途絶えずに返済を続けられるかどうかを考慮して申し込むことが大切です。借り入れ額によって返済額が決まる場合には毎月支払える金額の上限以下にすることと、返済期間に問題ないかを確認することの両方が欠かせません。

また、これ加えて繰り上げ返済についても考慮しておく必要があります。特に定額で返済を行う仕組みになっているとかなり長期の返済になることが多いため、繰り上げ返済を定期的に行っていった方が合理的です。手数料がかかることが多いのでどのタイミングで繰り上げ返済を実行するかを考え、計画的に積み立てをして返済にあてられるようにしましょう。このように周到な返済計画を立てておき、さらに少し資金的な余裕を持てるようにしておくのが肝心です。フリーターは収入の増減リスクがあるのは確かなので、万が一のときにも対応できるように資金の余力が必要になります。むやみに繰り上げ返済をせずに手元に蓄えて置く方が安全策です。

返せずに困ってしまう状況に陥ったらどうするか

“計画を立てる前にカードローンを利用してしまったケースや、想定外のことが多数起こってしまったケースでは返済に困ってしまう状況に陥ります。フリーターの場合にはこの状況での打開策をかなり柔軟に考えることが可能です。

まずは収入を増やすという考え方を持つのが解決策になります。アルバイトは掛け持ちできるケースが多いので、今まで休みにしていた日に日払いの単発のアルバイトを入れてみると良いでしょう。日給数千円で働けるアルバイトはかなりの数があり、登録しておくと求人があったときに配信してもらえるサービスもあります。

また、日勤だったアルバイトを夜勤にすることで時給を上げるという方法も有効です。土日祝日に働くと割増になるアルバイトもあるので、土日祝日や夜間に仕事がある職場でアルバイトをしているときには上司に相談してみるのが大切です。既に返せずに困っている状況でアルバイトを他のものに切り替えるのはリスクがあります。新しい仕事を始めると見習い期間は時給が低くなってしまいやすいからです。

まずは同じ職場で時給を上げたりシフトを増やしたりすることができないかということと、余暇を使ってダブルワークができるかを検討するのが無難でしょう。

一方、借り換えによって返済しやすいローンに切り替えるのも効果的です。借り換えの目的で利用するのを許可しているローンもあるので、まずは古いローンの返済を終えてしまって、新たなローンで設定された金利で返済していけば良いと考えることができます。毎月の返済額が高すぎて問題になっているのが返せずに困っているケースとしては典型的なので、毎月の返済額が確かに下がるかどうかを考えて借り換えをするのが大悦です。

ただし、その代わりにトータルの返済額は増えてしまうことが多いので気をつけましょう。収入が安定してきたら再度の借り換えをした方が返済額をトータルでは減らせる可能性もあります。まずはこの場を凌ぐために返済額を下げられるカードローンに借り換えをするという気持ちを持つのが大切です。

まとめ

フリーターも安定した収入さえあれば銀行系でも消費者金融系でもカードローンを借りられるようになっています。借りるときには返済計画を立てて、もし収入が途絶えたとしても返済できる範囲で借りるのが肝心です。もし返済できないという状況に陥ってしまったら、とりあえずは今のアルバイトは継続しましょう。

そして、他のアルバイトをかけ持ちするか、借り換えによって返済しやすい仕組みのローンに切り替えて対策をするのが賢明です。このような事態に陥らないようにするには予め金利や返済方法について熟慮してカードローンを利用する会社を選び、さらに借入額を上限額にこだわらずに無理のない範囲にしておくのが大切です。