借金減額診断を受けるメリット・デメリット

テレビのCMやインターネット上の広告などで目にする、借金減額診断とはどのようなものなのでしょうか。借金減額診断は、自分の借金をいくら減額することが可能かを調べることができます。しかし、利用するにあたっては個人情報や借金の情報を入力することが必要であり、本当に利用して大丈夫なのか不安を感じる方もいるかと思います。

そこで、この記事では、借金減額診断の概要やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

①借金減額診断により合法的に借金を減額することが可能
②借金減額診断には2つのメリットがある
③借金減額診断には2つのデメリットがある

借金減額診断ってなに?

借金減額診断とは、自分の借金をいくら減額することが可能かを調べることができるツールです。インターネットから借金減額診断を使用することにより、無料で減額できる借金の金額を知ることが可能です。

ここでは、借金減額診断について解説していきます。借金の減額をお考えの方は、実際に借金減額診断を利用する前にご覧になってください。

借金減額診断とは

借金減額診断とは、インターネット上で減額できる借金の金額を診断してくれるサービスです。借金減額診断は利用料がかからず、無料で使えるものがほとんどです。

氏名や連絡先などのいくつかの個人情報と、借金に関する概要を入力することにより、借金をどれくらい減額することができるのかが分かります。

インターネット上で完結するから楽ちんだね!

借金減額診断の仕組み

借金減額診断では、どのようにして減額できる借金の金額を算出しているのでしょうか。ほとんどの場合、借金減額診断の計算は、弁護士や司法書士が行っています。これは、借金減額診断を利用してもらい、その結果から債務整理や過払い金返還請求などの案件を獲得するためです。

専門家が計算してくれているから安心だね!

借金減額診断のメリット

ここでは、借金減額診断のメリットについて、代表的なものを2つご紹介します。

借金をどれくらい減額することが可能か知ることができる

借金減額診断を利用することによって、自分の借金をどれくらい減額できるかが分かります。実際に手続きを進める前段階で、弁護士事務所や司法書士事務所へ相談するのは面倒に感じる方も少なくないでしょう。

借金減額診断であれば、診断はインターネット上で完結し、その結果を受けてから手続きを進めるかどうかを決めることができます。

無料で利用することができる

借金減額診断の利用には、料金はかからず無料です。インターネット上で完結し、利用後に必ず専門家へ相談依頼しなければいけない、といったこともありません。

気軽に利用することができるのも、借金減額診断のメリットです。

無料だったらまずは診断してみようかな!

借金減額診断のデメリット

ここでは、借金減額診断のメリットについて、代表的なものを2つご紹介します。

悪質業者に利用される可能性がある

借金減額診断の中には、専門家を装った悪質な業者が運営しているものもあります。

借金減額診断を利用する際には、住所や勤務先などの情報は不要です。必要以上の個人情報の入力を求める借金減額診断の場合、悪質業者である可能性が高く注意が必要です。

また、借金減額診断を利用する際には、弁護士や司法書士などの信頼できる専門家が運営しているサイトかどうかを確認するようにしましょう。

電話がかかってくる可能性がある

借金減額診断では、診断結果の通知や債務整理の意思確認のために、連絡先を入力する必要があります。従って、入力した電話番号やメールアドレスに対しては連絡がくる可能性があるのです。

ただし、実際には結果の通知や意思確認を行うに留まり、頻繁な営業電話がかかってくるというようなことは余りありません。

電話での連絡に抵抗がある方は、借金減額診断を利用する際に、備考欄などにメールでの連絡を希望する旨を記載しましょう。

信頼できる専門家が運営しているサイトを利用しよう! 

まとめ

ここまで、借金減額診断の仕組みとメリット・デメリットについてご紹介しました。

借金減額診断を利用することにより、自分の借金がいくら減額できるのかを、インターネットを介して無料で調べることが可能です。

実際に借金減額診断する際には、弁護士や司法書士などの専門家が運営する信頼できるサイトを利用しましょう。診断結果や専門家のアドバイスをもとに、自分の状況に最適な借金減額方法を選びましょう。