【借金返済方法のコツ】債務30万の状況から脱却する方法

借金をし始めた頃に30万円に到達してしまって、一度に返すのは難しいという状況になる場合があります。借金30万円のときにはどのような戦略を立てて返済を進めていくのが効果的なのでしょうか。まだ比較的借り入れが少ないため、少し工夫をするだけで解決できる可能性があるので、具体的な方法を習得しておきましょう。

毎月いくら捻出できるかを試算するのが大切

借金30万を一ヶ月で返済しようと思っても通常は困難です。毎月いくらまでなら返済のために捻出できるかを試算して、何ヶ月で繰り上げ返済を行うかを考えるのが良いでしょう。月収から家賃や食費、水道光熱費などの生活に不可欠な費用を引き去った残額は基本的には自由に使えるお金と考えられます。娯楽費や交際費などのために余裕を残しておいた方が暮らしぶりは豊かになりますが、それも少し節約するという方向性でどの程度までなら捻出できるかを考えてみましょう。6万円確保できるなら5ヶ月少々で完済することが可能です。 

3万円でも一年以内には返済することができます。ボーナスがある場合にはその時点で一気に完済してしまうのも良い方法です。普段から安定してボーナスが出ている場合にはあまり問題はありませんが、経営状態によってボーナス額は大きく変動するリスクがあります。少しでも勤め先の経営状況に不安がある場合にはボーナスは当てにしないで計画を立てた方が良いでしょう。また、フリーターのようにボーナスがない場合には地道に積み立てていくことが必要になります。捻出できる金額の試算ができたら、給料日には必ずその金額を別枠で確保するようにし、必要な金額が貯まったら繰り上げ返済をすれば良いということになります。

最後の一ヶ月はクレジットカードを使うのも有効

借金30万を少しでも早く返済したいと考えたら最後の一ヶ月の生活費を工夫することも可能です。普段は現金で支払っているものを可能な限りクレジットカードで支払うようにすることで、実質的に一ヶ月後の後払いにすることができます。キャッシングのように利息が必要になるものではないので効果的な方法です。また、ボーナスが出ると考えられるのであれば、返済計画を立て始めたときからボーナス一括払いを使って買い物をするように心がけるのも良いでしょう。実質的にボーナスの一部を返済に使うのと同じことになります。リボ払いなどを利用してしまうと毎月の返済額は少なくなりますが、金利が高いのでかえって負担が大きくなってしまうのが一般的です。クレジットカードを使うときには一括払いに限定するのが賢明です。 
 
最後の一ヶ月だけでも生活費をできるだけクレジットカードで払ってしまえば、その分を繰り上げ返済に使うことができます。そして、来月の給料日にはクレジットカードの返済に使える分のお金が手に入るので特に問題は生じないでしょう。ただし、クレジットカードの支払日と給料日の前後関係には注意することが必要です。支払いが先に必要になってしまうと滞納してしまうリスクが生じます。また、借り入れをしているとクレジットカードの発行が難しくなる点にも注意しなければなりません。安定した収入がある人の場合には30万円程度の借り入れをしていても審査が通ることはよくあります。流通系のクレジットカードのように比較的審査が通りやすいとされるクレジットカードを選ぶのが無難でしょう。年会費無料でポイント還元も多いものを選んでおけば現金での支払いに比べてデメリットはありません。うっかりキャッシングしてしまわないようにキャッシング枠を0円で申請しておくとなお安心できます。

節約以外にも稼ぐという対策も効果的

30万円を工面するのが今の月収では難しいというときにはできるだけ食費や交際費などを節約することが必要になります。毎日、仕事のときには昼食を外食していたのを弁当にするだけでも1日数百円ずつ浮いて、1ヶ月で1万円程度を供出することが可能です。毎月行われている飲み会を我慢すると数千円が浮くといった形で少しずつ節約していくとかなり返済できる金額が高くなっていきます。しかし、逆の発想で稼ぐというのも良い方法です。フリーターならダブルワークをすれば収入は飛躍的に増えます。正社員で働いているときにも副業が許されているのなら、土日や夜間に少しアルバイトをすると毎月数万円を稼ぐのはそれほど難しいことではありません。 
 
家族がいるなら少しアルバイトやパートをしてもらうというのでも良いでしょう。クラウドソーシングを使って一日数百円ずつでも稼ぐという方法もあります。アンケートに答えていくだけでも繰り上げ返済の手数料分程度は稼げる可能性があるでしょう。節約するのと新たに仕事をして稼ぐのとでどちらが向いているかは個々の状況によって異なります。両方同時並行で行っていけばますます予算に余力ができるので返済時期を早めることができるでしょう。

金額が少なくなったときには人にも頼れる

もうすぐ繰り上げ返済ができるという状況になったら、最後に人に頼るのも良い方法です。両親や兄弟、親友などを頼って来月必ず返すと誓約書を書いて数万円借りるというのも検討してみましょう。お金を借りている事実を打ち明けられる仲の人がいることが前提になりますが、それで一ヶ月でも早く返済できれば利息分が浮くだけでなく、精神的にも楽になります。借金は長期化するほどストレスが溜まってしまいやすいので、少しでも早く完済したいという気持ちが強いときには恥を忍んで人に頼るのも賢い考え方です。

まとめ

借金30万なら比較的金額は少ないので積極的にお金を供出して繰り上げ返済を目指すのが大切です。手数料がかかることを考慮して最後に返済しきるために繰り上げ返済を使うのが合理的でしょう。そのために毎月どの程度のお金を捻出できるかを試算して計画的に積み立てていくのが賢明です。もう一息で繰り上げ返済で完済できるという状況になったらクレジットカードを使ったり、人に頼ったりしてお金を工面する方法もあります。工夫次第で30万円なら短期間で返済できるので、債務整理の専門家に問い合わせて最適な方法を提案してもらいましょう。