借金減額の広告(YouTubeやTVCM)は嘘?本当?

YouTubeやTVCMで流れてくる借金減額診断の広告は本当なのでしょうか。特に、YouTubeで流れてくるアニメドラマ風の広告は、話の内容が出来過ぎていて、「本当にそんなことができるの?」「なんか怪しい…」「詐欺とかじゃないの?」といった疑問が湧いてくる人も少なくないでしょう。

そこで、この記事では、借金減額診断の広告は嘘?本当?といった疑問に答えるべく、借金減額診断の仕組みについてご紹介していきます。

①借金減額診断の広告の運用主体は多くが専門家
②借金減額診断は詐欺や悪質業者もゼロではない
③信頼できる専門家かどうか見極めが必要

「借金減額診断」広告の運営主体

YouTubeやTVCMで見られる借金減額診断の広告は、そもそもどこが出しているのでしょうか。借金減額診断の広告の多くは、どれも弁護士事務所や司法書士事務所が運営主体となっています。

それぞれの事務所のホームページでは、顔写真を公開した上で事務所の紹介がされており怪しい感じは全くありません。また、全国的に広告を出していることから規模も大きく、全国に複数の事務所を構えていることが多いです。

弁護士や司法書士は国家資格であり、詐欺行為などの法令違反を行えば資格の停止や剥奪をされます。

従って、借金減額診断の広告は信頼性のある弁護士や司法書士であり、嘘や詐欺の可能性は低いと言えるでしょう。

専門家が運営主体なら安心だね!

借金減額診断の仕組み

借金減額診断とは、自分の借金をいくら減額することができるか、どのような方法で減額することが最適かを無料で診断してくれるサービスです。

借金減額診断は入力された情報をもとに、弁護士や司法書士などの専門家がシミュレーションを行ってくれます。コンピューターが自動診断するのではありません。

借金減額診断は、必要な情報を入力することにより結果がメールや電話で届く仕組みとなっています。

必要な入力情報には、氏名(匿名可)・電話番号・メールアドレス・居住地域・借入件数・借入金額・借入期間などがあり、借入の内容などについては事前に整理してから入力するとよいでしょう。

その後、実際に借金減額の手続きを行うことを希望するのであれば、弁護士や司法書士などの専門家へ依頼をしましょう。

インターネット上で簡単に診断できるんだね!

借金減額診断を選ぶポイント

これまでの内容から、借金減額診断の広告は嘘ではなく安心できるものであることが分かりました。

しかし、借金減額診断のサービスを提供するサイトはインターネット上に数多くあり、詐欺や悪徳業者が運営している可能性はゼロではありません。また、弁護士や司法書士などの専門家が運営しているからといって、費用や実績、相性が合うかどうかは別問題です。

ここでは、借金減額診断を選ぶポイントについて紹介していきます。

運営母体が信頼できるところを選ぶ

借金減額診断を利用する際には、運営母体を確認し信頼できるサイトを利用するようにしましょう。運営母体を調べる際には、以下のような情報がしっかりと開示されているところを選びましょう。

  • 会社・事業所名・代表者名
  • 会社・事業所の所在地
  • 弁護士・司法書士・スタッフの紹介
  • 債務整理を利用した際の報酬額や実績

借金減額診断は無料で手軽ですが、利用に際してはいくつかの個人情報を開示する必要があります。どこの誰が運営しているかわからないサイトは利用せずに、信頼できるサイトをしっかりと見極めましょう。

実績が豊富なところを選ぶ

債務整理の手続きは、債権者である貸金業者や裁判所との交渉になります。

交渉手続きは、実務的には書面でのやり取りがほとんどであり、事務処理能力の高さが求められます。

従って、多くの実績があり事務処理能力が高い事務所を選ぶことが重要です。

費用の安さや、家から近いといった理由で選んでしまうと、必要以上に時間がかかる、債権者との交渉がうまくいかないといった失敗もありえますので注意が必要です。

信頼できる専門家かかどうか見極めよう!

まとめ

ここまで、借金減額診断の広告は本当かどうかについて、仕組みや注意点を交えてご紹介しました。

借金減額診断を運営するサイトの中には、稀に悪質業者も潜んでいることから注意が必要です。

実際に借金減額診断する際には、運用主体がどこであるのかを確認し、信頼できる専門家かどうかを見極めましょう。