借金減額ができる人の条件とは?いくらから?ポイントを解説

借金減額をするにあたって条件などはあるのでしょうか。また、借金減額といっても借金の金額は人によってさまざまです。最低金額などの決まりはあるのでしょうか。

借金減額を検討されている方にとって、このような疑問はつきものかと思います。

そこで、この記事では、借金減額の条件や借金がいくらあれば減額ができるのかについてご紹介していきます。

①借金減額には条件や最低金額などの決まりはない
②借金が少額である場合、費用や手間に対して効果が薄いこともある
③信頼できる専門家のアドバイスを聞くことが大切

借金減額はいくらからできる?

任意整理や自己破産などの「借金減額」には、いくらかならできるといって最低金額は特にありません。

借金の金額に関わらず利用することができます。極端な話、借金が1万円でも借金減額の手続きを進めることは可能です。

しかし、実際には少額の借金にも関わらず借金減額をすると、損をする可能性があります。

以下で、任意整理と自己破産のそれぞれについて説明していきます。

任意整理の場合

任意整理は、債権者に対して将来支払う利息をカット、又は大幅に利率を下げてもらう交渉を行い、その後は3~5年間の長期分割により借金を支払っていく手続きです。

また、過払金が発生していれば過払金返還請求により、交渉後の元本から過払金の金額が減額されます。

従って、過払金が発生していない場合、任意整理で得られるメリットは将来支払う利息のカット、又は利率の引き下げに留まります。

自身の借入状況から将来支払う利息の金額を確認し、上記で紹介した任意整理の費用相場と比較してみることにより、判断材料とすることができます。

将来支払う利息と任意整理にかかる費用を比べてみよう!

自己破産の場合

自己破産は、財産を放棄する代わりに今ある借金の返済義務を全て免除する手続きです。

自己破産の手続き費用は、債権者の数や自身の財産状況などによって大きく変わります。

また、自己破産は裁判所を介して手続きを進めるため、任意整理と比べて書類の準備や裁判所へ出向いたりする手間がかかります。

手間や費用を考えると、30万円以下などの少額の借金を無くすために自己破産の手続きを進めることはメリットが少ないと言えるでしょう。

自己破産は任意整理に比べて、手間も費用もかかるんだね!

まとめ

ここまで、借金減額には利用する条件や最低金額がないことが分かりました。

実際に自分の借金の状況を確認して、減額できる金額と手続き費用を比べることは困難かもしれません。

弁護士・司法書士などの信頼できる専門家は、少額の借金に対しても誠意をもって相談に乗ってくれます。

また、相談内容をもとに最適な方法をアドバイスしてくれます。

実際に借金減額を検討する際には、気兼ねせずに相談してみるようにしましょう。