借金を返す方法と借金問題の解決方法

借金をする人を特別だと思っている人は多いかもしれません。

しかし、借金をしてはいけないと思いつつ借金をしてしまう人もいます。そう考えると借金は誰もがする可能性のあるものです。ここでそんな借金の返済方法についてご紹介していきます。また、そのような方法を使っても返せない借金問題を解決する方法も解説します。

借金から抜け出せない心理

まず借金を返す方法として大事なのが、借金から抜け出せない心理を理解することです。この理解がなければ、返す途中でまた借金してしまいます。借金は簡単にお金をてに入れられる手段です。ネットやクレジットカードで簡単にお金が借りれると知ることで、困ったときについついお金を借りてしまうのです。

しかし、借金から抜け出そうと頑張る人は少なくないでしょう。このような人が頑張っているだけで抜け出せないのには理由があります。まず、借金から抜け出そうと思ったら、欲望に勝つことから始めなければなりません。借金を返済するためには欲望のままに動くのではなく、欲望を制御することが大切です。

そこまでして借金を抜け出す理由がないと、なかなか難しいものです。また、借金をしているときは心地いい時間になっているでしょう。お金の心配をせず自分の欲しいものを手に入れているわけですから、満たされた時間になっているのです。その時間をずっと続けたいと思うのが人間です。借金をしても満ち足りた時間を続けようとする人は、借金から抜け出せないことが多いでしょう。

抜け出す意志もないですし、頑張る行動もしないのですから、抜け出すことは難しくなります。他に心理としてあるのが、誰かがどうにかしてくれるという他力本願です。借金をした後のことは、誰かが責任を持ってどうにかしてくれるという思い込みを持っている人がいます。そのような人は親や兄弟などが返済してくれるという甘えを持っている可能性があります。

借金から抜け出すためには本人が変わらなければ難しいですが、他力本願でいる限りは難しいでしょう。借金を返すにはこのような借金から抜け出せない心理を理解して、改善する努力が必要になります。

借金を返すには生活を改めることが重要

借金を返すには、本人の意志の他に具体的な行動が必要です。その行動として有効なのが生活を改めることです。借金をしていた生活と同じ生活をしていては、借金生活が続くだけでしょう。それを変えるために生活を根本から見直します。

借金を返済するためには生活水準を下げることから始めるといいでしょう。生活を質素にするといかに無駄な物を買っていたかが分かります。余計な物や生活に必要のないものはどんどん断捨離するといいです。借金を返せるほどに生活費を切り詰められれば、借金返済の光が見えます。収入で入ってくるお金が変わらないのであれば、このように出ていくお金を減らすことが重要です。

出ていくお金が減ってくれば、余分な分を返済に回せるからです。生活をこのように改めて気づくことがあるでしょう。それが借金の原因です。借金の原因を確かめることは重要です。これが分かっていないと、また借金をしてしまう可能性があるからです。生活を改めて何にお金を使っていたかを具体的に計算しましょう。

その結果として、借金をしてしまう根本的な原因を確かめます。ブランド品、食事、見栄など原因が分かってくれば、次に同じ行動をしないように気を付けることができます。この点が抜け落ちていると、同じことの繰り返しになるでしょう。

また、繰り返さないように監視者を置くことは大切かもしれません。家族や友達などの信用できる人に見守ってもらうと、過ちを繰り返さない可能性が高くなります。借金を返す方法として、このような生活の変化は大事です。

借金を返すためにすること

具体的に借金を返すためにすることとして、収支を毎月つけるということが大事です。入ってくるお金と出ていくお金を細かく書いておきます。出ていくお金が分かったら、どの部分を削れるかを検討します。

出ていくお金を減らすために、必要なもの以外にはできる限りお金を使わないことが大切でしょう。ボーナスなどの臨時収入などがあったときには、そっくり借金返済に充てます。借金を早く返すことができれば、それだけ利息を払う必要がなくなるので、将来的には得をするのです。繰り上げ返済を繰り返すことで借金の金額は少なくなっていきます。

また、返せる最大額を毎月計算しておくといいでしょう。借金の返済を最優先に考えると、生活費を切り詰めるようになります。最低限の生活になりますが、借金を早く返せばそれだけ早く元の生活に戻れるわけです。その我慢を最大限にするために返済額を最大にするのです。生活ができないほどの金額を毎月返済する必要はありませんが、我慢できる範囲で返済しましょう。

その我慢が将来の苦しい借金生活を消し去るのです。これらの方法で借金が返せないようなら、解決できる人に相談することも大事です。相談して解決の糸口を見つけましょう。

返済する目処をつけるために

返済がどれくらいの期間が必要になるかや借金の金額を具体的に知りたいときには、借り入れ先に問い合わせるという方法があります。借り入れ先はこのような問い合わせには対応してくれますので、きちんと返す状況を把握するなら問い合わせるといいです。

またこれをすることでモチベーションのアップにつながります。具体的にゴール見えると返そうという意欲が湧いてくるのです。借金の返済に意欲的になれないときはこの方法でモチベーションを上げましょう。

債務整理という借金問題の解決方法

借金問題は地道に返済することだけが解決方法ではありません。借金問題のプロに相談すると解決できる場合があります。地道に返すにしても生活ができないほど大きな返済額が毎月あるというのでは、いつかは返せなくなるのは目に見えています。

そのようなときはプロに相談することから始めるといいでしょう。解決方法としては、任意整理や自己破産などの債務整理という方法があります。任意整理であれば、将来利息をカットして毎月支払える額まで返済額を圧縮することができます。一方、自己破産であれば、借金は帳消しにすることができるでしょう。

自己破産を望む人は多いですが、自己破産には厳しい条件があります。一定の条件を満たさない限り自己破産はできません。どの債務整理がいいのかをプロに判断してもらうというのも一つの手です。借金問題は悩んでいるだけでは解決できません。プロに相談するなどの具体的な行動を取ることで、問題解決の第一歩になるのです。

債務整理をするかどうかは別にして相談だけでもすると、具体的な借金問題の解決に動き出せるでしょう。借金問題に詳しい人がいれば、その人に相談するというのは有効な手段です。そのような人が身近にいないのであれば、借金問題の専門家に相談することは有益です。

まとめ

借金を返す方法として、まず借金をする心理を理解することから始めます。これが理解できないと返す途中でまた借金をする可能性があるからです。次に借金を返すためにすることとして、生活を改めることです。借金をしていたときと同じ生活では、いつまでたっても借金は返せません。

生活費を切り詰めるなどの方法を実践しましょう。また返すために具体的にすることとして、できる限り繰り上げ返済するといいです。将来払う利息を減らせるからです。他に借金の状況を把握するために、借り入れ先に問い合わせることも大切です。

これにより具体的にゴールが見えます。これらの方法でも返済には行き詰まったら、プロに相談しましょう。債務整理などの方法で借金問題が解決できる可能性があります。